旧ドル紙幣の交換を日本でしたい

この記事は
旧ドル紙幣の交換を日本でしたい人に
おすすめの記事です。

 

 

旧ドル紙幣を持っていました。


 

もう海外旅行に行かないと思います。こんな人も多いですよね。

 

持っていたドルを見ながらこんなことを思いました。

 

「旧ドル紙幣の交換は日本でできるのか?」

 

近所の大きな銀行ではできませんでした。

 

どの銀行でも交換できないのかはわかりません。

 

しかし近くの銀行ではできませんでした。

 

インターネットで調べてみました。

 

結論から言うとココで査定をしてもらいました。

 

1:無料出張査定
2:査定後のキャンセル無料
3:即日現金払い

 

 

サイトを見てこの3つがわかったので安心でした。


 

旧ドル紙幣を日本円に交するためにまずしたことはこちら。

 

\電話で無料相談/

リンク

 

 

査定金額がよかったら買取ってもらえばいいし、査定金額に納得しなければキャンセルしても無料だということです。


 

 

 

 

 

 

 

 

断捨離しながら部屋の掃除をしていました。奥の方から旧ドル紙幣が出てきました。「今でも使えるのか?」と思いました。

 

アメリカに行ったのは昔のことです。そのときのお金です。

 

よく見ると図柄が今のものと違います。「もしかしたら」と思って調べてみたらこれは旧紙幣でした。

 

旧紙幣は今でも使えるのか不安になってきました。アメリカでもし使えても日本で交換できるのかも不安です。

 

このままずっと持っておくべきなのか、それとも早めに手放して日本円にしておきたいのか考えました。

 

結論から言うと近所の銀行で交換できなかったので買取査定してもらいました。

旧ドル紙幣の交換は近所の日本の銀行でできなかった

まずは近所の銀行に行って旧ドル紙幣を交換してもらおうと考えました。

 

近所でも大きな銀行に行きました。

 

銀行の入口には「外貨両替」のステッカーが貼ってあったのでたぶん大丈夫だろうという変な自信がありました。

 

窓口で銀行の人に旧ドル紙幣を渡すと「少々お待ちください」と言われました。あちらも今のドル紙幣と何か違うと感じたんだと思います。

 

こちらも騙すつもりは当然なく、旧紙幣でも交換できるかを知りたかったんです。

 

しばらくしてこう言われました。「当銀行ではこれは交換できません。旧札ですね」と。

 

変な自信はすぐに崩れていきました。

 

「他の銀行だったら交換できますか?」と聞いたら「それはそこで聞いてみてください。こちらではっきりとしたことはわかりません」と言われました。

 

その後、全国の銀行を調べたわけではないので正確なことはわかりません。しかし交換するためには交通費を掛けて都市部に行かなくてはいけません。そこで交換できるかどうかもわかりません。

旧ドル紙幣の交換はアメリカでどうなの?

日本では日本の旧札は使えます。小さな商店では嫌がられることもありますが日本の銀行に行けば現行の紙幣に交換してくれます。

 

こう考えたらアメリカに行けば旧ドル紙幣を交換してくれそうな気がしました。価値が復活します。

 

アメリカに行けばいいんですよね。ハワイでもいいのかな。

 

でもアメリカに行く予定はありません。今後もいつ行くかわかりません。昔はよく行ったのにもう年齢も年齢だしという気持ちが大きくなっています。

 

なんとか日本で旧ドル紙幣を日本円に換金する方法はないか調べました。

旧ドル紙幣の交換は日本でできるの?

インターネットで旧ドル紙幣の価値を日本で調べる方法を検索しました。

 

やはり同じように考えている人がいました。

 

銀行は交換できなかったので買取をしてもらったそうです。

 

買取業者にまず査定をしてもらったそうです。

 

交換ではなく買取というのがポイントです。

 

銀行の交換ではレート換算されそこから手数料が差し引かれます。

 

買取は買取ったあとに買取業者が販売できそうだったら買取ってくれます。需要と供給の関係です。

 

レートはきっちりとは反映されません。レートより低い買取査定金額になることもあれば、レートより高くプレミアがつくこともあるそうです。

 

紙幣のきれい汚いの状態にもよるそうです。

旧ドル紙幣の交換を銀行でできなかったので買取という方法にした

いろいろ調べていると古いお金の買取という方法があるのがわかりました。古銭買取と書いてある場合が多いです。すぐにイメージするのは日本の古いお金ですが限定しているわけではありません。見たサイトは海外コインと書いてありました。

 

旧ドル紙幣の価値も調べてくれそうな気がしてきました。

 

 

査定は無料だし電話で聞いてみてもいいかなと思いました。


 

査定無料と書いてありました。こういうのは聞いてみるのが1番ですね。自分で考えてもわかりません。査定金額も見てもらわないとわかりません。自分で考えるのは時間の無駄です。

旧ドル紙幣の交換ではなく日本で買取査定してもらう

旧ドル紙幣の価値を査定してもらう流れを事前にチェックしました。

 

電話をする
査定日が決まる
査定後即日現金払い

 

簡単に言えばこんなステップです。査定日を決めるために本人確認の意味もあり電話確認があるようです。

 

査定金額が決まったあとに金額に満足できなければキャンセルができそれも無料だとサイトに書いてあります。

 

 

気になる支払いが、査定後に即日現金払いというのもうれしいですよね。ここが気になっている人も多いと思います。


旧ドル紙幣の交換を今日本でした方がいいのか

なんでも鑑定団のテレビ番組のようにこれから旧ドル紙幣の価値が高くなることがあるのかなと思いました。しかし発行部数も多いのでこれは可能性は薄いようです。

 

日本の旧札も相当古いと価値がありますが1つ前の旧札くらいじゃそんなにプレミアは付かないようです。

 

これからアメリカに行く予定もなく、年齢も年齢なので旧ドル紙幣を早く日本円に交換しておきたいと思いました。

旧ドル紙幣の交換!日本で現金化した体験談

まずは業者のサイトをじっくり読んだ方がいいですよ。詳しく、わかりやすく書いてあります。

 

それから電話で相談してみてください。

 

出張査定も、査定後に金額を聞いた後のキャンセルも、無料なので損することはないです。

 

電話相談無料
査定無料
査定後のキャンセル無料

 

この3つが無料なので安心でした。

 

 

もしも旧ドル紙幣を持っている人は今の内に価値を確認しておくと何かと便利です。


 

他の海外旧紙幣を持っている場合も同時に聞いてみるといいと思います。

 

いい機会だと思いますよ。

 

\電話番号はこちらに記載あり/

リンク

TOPへ